京都府認知症グループホーム協議会 > 第三者評価

 

第三者評価

認証された評価事業

第三者評価機関登録名 登録番号 認証日
滋賀県健康福祉サービス第三者評価機関 滋賀県14-02 平成26年12月24日
京都介護・福祉サービス第三者評価機関 京都府指令4介第506号 平成15年10月16日
奈良県福祉サービス第三者評価機関 NRHK2508 平成25年5月31日
社会的養護関係施設第三者評価機関 2508-004-01 平成25年8月7日

 

「介護・福祉サービス第三者評価」とは

利用者が介護・福祉サービスを選択する際の目安となったり、 事業所の内容を把握することが可能となるような 事業所の評価/結果を提供する仕組みです。

利用者が「自分の利用したい事業所の特徴は? サービスの質は?」などを 事業所の評価結果の公表から計り知ることが出来ます。

具体的には、以下のような内容です。
○ 事業者の組織体制やサービスの提供体制に関する評価
○ 利用者保護の観点や質の向上の取り組みに関する評価
○ 自己評価(事業者自らが評価)
○ 利用者に対するアンケート調査(利用者が評価)

 

対象の介護サービス

居宅サービス

訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、特定施設入居者生活介護、短期入所生活介護、短期入所療養介護、福祉用具貸与、特定福祉用具販売

地域密着型サービス

夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、定期巡回 随時対応訪問介護介護、複合型サービス

居宅介護支援サービス

施設サービス

介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設
また、上記各サービスに対応する介護予防サービスを含む

 

対象の福祉サービス

保護施設・老人福祉施設

救護施設、更生施設、授算施設、軽費老人ホーム(A型、B型、ケアハウス)、養護老人ホーム

児童福祉施設

乳幼児、母子生活支援施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、児童館、保育所

障害者自立支援法による事業所

その他の福祉施設   共同作業所

 

「介護サービス情報の公表」とは

利用者が介護サービスや事業所・施設を比較検討して、 適切に選ぶ為の事業所の情報を提供する仕組みです。 インターネットを通じて、いつでも誰でも自由に情報が入手できる 便利なシステムです。

公開される情報

◎ 事業所が報告する「基本情報」
◎ 都道府県や調査機関が調査を行なう「調査情報」

公表のポイント

○ 地域にある介護サービス事業所の比較・検討ができます
○ いつでも誰でも自由に情報を入手することができます
○ 家族をはじめ、関係者が同じ情報をもとにサービス利用の相談がしやすくなります
○ 事業所が公開している情報と実際のサービスが比較できるので、 介護サービス事業所との相談がしやすくなります
○ 実施主体は都道府県または指定情報公表センターです

 

社会的養護関係施設等の第三者評価について

福祉サービスの「第三者評価」は、社会福祉法人等の提供する  サービスの質を、事業所及び利用者以外の公正・中立な第三者機関が  専門的かつ客観的な立場から評価を行うものです。

そのメリットは、自らが提供するサービスの質について 改善すべき点を明らかにし、取り組みの具体的な目標設定を可能とする とともに、評価を受ける過程で、職員の自覚と改善意欲の醸成、 課題の共有化が促進されること。 また、利用者等からの信頼の獲得と向上が図られます。

行政監査が「最低基準を満たしているか等について確認するもの」 であるのに対し、第三者評価はよりよいものを目指し、 福祉サービスの質の向上を意図しています。

京都府認知症グループホーム協議会では、長年の 京都府下介護・福祉サービス第三者評価における実績、経験を活かし、 「社会的養護関係施設における第三者評価」においても、 評価を通じて役に立ちたいと考えています。

【社会的養護関係施設とは】

・ 児童擁護施設
・ 乳児院
・ 情緒障害児短期治療施設
・ 児童自立支援施設
・ 母子生活支援施設

詳細は【全国社会福祉協議会 第三者評価事業】のページを参照ください

京都府認知症グループホーム協議会